アクセラ物見遊山

マツダの3列シート7人乗りのSUVマツダCX-6(マツダ・ミニバン後継車)

2016年2月にマツダがミニバンの生産・開発から撤退と発表してから、マツダMPVがライナップから消え、ミニバンのプレマシーとビアンテが残っていはいるが…
イマイチ元気がない。寂しい限りです。

それに代わる車種として北米で販売されるMazda CX-9の日本国内導入が噂されるが…流石に大きな車体サイズは日本の道路事情では無理と思われる。

新型CX-5をベースに、3列シート7人乗りに全長を延長した車になるのが考えられるが…3列目の居住性を想像しても狭い感じ。

だったらという事で、3列シート7人乗りSUVのマツダCX-6を一考。

Mazdacx6image201_2

流行りのSUVだけど、どの位の人が悪路激走楽しんでいるのだろう、日本国内仕様であれば荒野を走り回る

とかそうは多くないでしょう…たぶん。

都市走行が殆どでしょう…実際は。

Mazdacx6image306_2

そこで実用性を優先して、日本の3列シート7人乗りミニバンの定番仕様のスライドドアは必要。
リアの屋根の傾斜を変更して3列目シートの居住性を確保。

Mazdacx6image301_2

マツダCX-6は、魂動デザインのSUVみたいな外観のミニバンだったら良いのにね。

アクセラ一部改良 後側面の安全装備追加はうらやましい

9月からマツダアクセラが一部改良されるニュース

ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)やリア・クロス・トラフィックアラート(RCTA)が標準装備もしくはオプション設定になる様です。 

価格もほとんど変わらず 15S Touringに4WD追加される模様。

アクティブドライビングディスプレイの走行車線表示がよりわかりやすいものに変更…これは気になる。

外装の変更もない様で、海外のイヤーモデル的なマイナーチェンジという事だね。

自分的にはMC毎に小手先の外観変更の業界風潮は好きでないので、マツダの誠実な対応と歓迎します。

今後のアクセラの熟成を望みます!!

Maz934815

それに、ニュース記事の写真がアクセラセダンというのも嬉しい。

マツダ・アクセラの激しい衝突とゆるい衝突

毎年、衝突安全の実験映像を見るのだが…

IIHS(米道路安全保険協会)がスモールオーバーラップ衝突試験とか

また新しいオフセット基準を設定して実験しているみたいだ。

従来の40%のオフセット衝突から、さらに浅い25%で時速40マイル(約64㎞/h)でバリアに衝突させるもの。

これにより今まで以上にキャビンに要求される強度が大幅に高くなるらしい。

今まで40%オフセットでGood評価の車も25%オフセットではPoor評価に…

きびしいねぇ…。

Maz182345t

ちなみにアクセラはGood評価みたいです。

一方メキシコでは、その逆、低速衝突実験をやっているみたいで

時速10マイル(時速15.23㎞/h)でバリアに衝突するものだ。

現実にはこちらが参考になりそうですね。

アクセラに影響された???日産インフィニティQ30(笑)

フランクフルトモーターショー15で発表されるのCセグメントの日産インフィニティQ30

そのテスト車両の画像を見て驚いた。

Maz3_1201

Q30_1201


区別つきますか?

Webの予測?記事によれば…

ボディーサイズは全長4,290mm、全幅1,780mm、全高1,435mm程度

エンジンは1,600から2,000ccでガソリンとディーゼルを搭載 などと書いてある。

…本当か否か…わかんないけどね。

でも同じ様な角度で写したマツダアクセラと日産インフィニティQ30コンセプトカー

 

Maz3_1202

Q30_1202



Maz3_1203


Q30_1203

比べてみると…

鼓動デザインのアクセラに かなり影響受けたデザインの印象が強く感じられる。

アクセラがCセグメントのベースモデルと認識された???

だったら嬉しいことですね(笑)

これが発売されたら…莫大な広告費を使って売り込むだろうね。

ましてインフィニティ・ブランドだから倍値段でしょう…(笑)

nobutaCG 公式サイト

暑い!! 急きょアクセラセダンに日よけ対策

5月になった途端この暑さと日差し…

保留してたアクセラセダンの日よけ対策を急きょ実行した。

フロントウインドウにはクレトムの[SA-199]遮光フロントシェードMを…。

クレトムのHPで適合サイズを調べるとアクセラにはMサイズをドライブショップで購入

早速取付けたが…ドライブレコーダには干渉しないもののやや小さい…

Lサイズの方が横幅は窮屈だが、ガラスの高さにも合うし、ドライブレコーダの後ろにセットすればガラス面にぴったりしそうである
(※Lサイズを実際取付けたわけでもないので不確実です。)

Maz125400376

Maz130418775

リアウインドウには、SFJ株式会社のNewing ロールフィットスクリーンプラスRF-052を取付けてみた。

通常はサイドの窓の開閉に連動して開け閉めするの商品だが…

本体幅520mmスクリーン幅460mmのRF-052を2本を住宅建材のアルミLアングルを試行錯誤で連結して取付けた。

モォ~ッ汗だく

Maz082041561

スクリーン幅1000mm位の製品があれば楽勝だったのだが…何とか恰好はついた(汗)

これで少しは車内に差し込む日差しが和らぐと思う。

nobutaCG 公式サイト

アクセラセダンの夏の日差し対策に悩む。 

まだ日差しが強い訳でもないが…

アクセラセダンに新しいフロントウインドウ用のサンシェード探しを始めたが

なかなか気に入るのが見つからない。

フロントウインドウには

ルームミラー辺りにi-ACTIVSENSEの大きなボックスあるし、

それにドライブレコーダーが取付けているし、

ダッシュボードにはマツコネが鎮座してるし、

エンジンを始動させればアクティブ・ドライブ・ディスプレイが立ち上がる。

結構サンシェードの取付け阻むものがいるのだね…。

Maz162959493

今回は保留だ、また日を改めて探そう。

nobutaCG 公式サイト

カタカナ英語でやってみたマツコネのUSBオーディオ音声入力

マツコネのUSBオーディオの音声入力でアーティストを呼び出せる機能がある。

USBメモリには洋楽の曲だけしか入ってない状態。

カタカナ英語にマツコネは反応するか試してみた。

まずは短い名前のアーテイストから…。

テイラー・スウィフト(Taylor Swift)

ワン・ダイレクション(One Direction)

ケイティ・ペリー(Katy Perry)

…問題なし。

ちょっと長めのアーテイスト名

サイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel)

シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー(Sixpence None the Richer)

…認識した。

とても長いのアーテイスト名

クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング(Crosby, Stills, Nash & Young)

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival)

…認識した…凄い。

Maz102646740

マツコネの音声認識が優れているのか…カタカナ英語の発音がいいのか…(笑)

nobutaCG 公式サイト

BMアクセラのマイナーチェンジのいつ頃だろう…。

新型デミオやCX-3が発表され好調なマツダですが

WebでBMアクセラのマイナーチェンジの話題を時々見かけますね…

BMアクセラが販売開始されてから約1年半くらい経つけど

「マツダはモデルチェンジのタイミングにとらわれず、

商品を着実に進化させていきます。」…と、

販売開始から1年も経たないうちにアクセラ15Sツーリングが追加されて

アクセラハイブリッド車も一部改良が発表された例もあるし…。

Maz3201542



アクセラは輸入車みたいにイヤーモデル的にMCする事になっているのかな?

nobutaCG 公式サイト

トヨタ流にデザインされたマツダデミオの姿。

マツダのメキシコ工場で造られるデミオ(Mazda2)セダンの

北米トヨタ向けの トヨタia の名称でOEM車が発表されましたね。

Maz0356784565

搭載されるエンジンはデミオに搭載されているのと同じ1.5L 直4 SKYACTIV -Dと1.3L 直4 SKYACTIV -Gが搭載される予定だとアナウンスされてます。

Maz03567845656602

トヨタiaの販売は北米のみ…

国内でもデミオセダンの需要有りそうだけど…

nobutaCG 公式サイト

後ろ方向の視界難のアクセラにバックモニターは必須

もう何年もの間、縦列駐車やってない…。

ゴンドラ式の立体駐車場のバックで出庫も得意でない…。

駐車場でも、なるべく左右に車がいない場所を選んで駐車する…。

こんな私が鼓動デザインに魅せられてアクセラセダン15Sツーリングを選んだ。

しかし、アクセラの運転席から後席方向は、後方視界難と言われるは明白。

Maz134340838

当然、契約時オプションで純正バックモニターを注文した。

初めての便利アイテムだから画面に映る黄色い線に何処を合わせるの?

ハンドル右に切ればどう画面で見える?…と広い駐車場で練習。

Maz134408916

今度は両横に停まる車の駐車スペースに、画面を睨みながらバック…しかし、

バックしながら、ふと窓の外見れば隣の車が以上に接近…ブレーキ!!

バックモニターも慣れと経験が必要かと思いながら、広い駐車場の車まばらな場所に駐車する私でした…(笑)

<お知らせ>

Carviewのみんカラブログに[アクセラセダン物見遊山]のタイトルでアクセラセダン15Sツーリングのブログサイトを開設しました。アクセラとマツコネの観察記録です。ココログでは書ききれない内容と違った目線の記事を掲載しています。

みんカラ版ブログ=アクセラセダン物見遊山

nobutaCG 公式サイト

.

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー