« フランクフルトで発表されたマツダ(越 KOERU)を見てニンマリ | トップページ | アクセラ一部改良 後側面の安全装備追加はうらやましい »

マツダ・アクセラの激しい衝突とゆるい衝突

毎年、衝突安全の実験映像を見るのだが…

IIHS(米道路安全保険協会)がスモールオーバーラップ衝突試験とか

また新しいオフセット基準を設定して実験しているみたいだ。

従来の40%のオフセット衝突から、さらに浅い25%で時速40マイル(約64㎞/h)でバリアに衝突させるもの。

これにより今まで以上にキャビンに要求される強度が大幅に高くなるらしい。

今まで40%オフセットでGood評価の車も25%オフセットではPoor評価に…

きびしいねぇ…。

Maz182345t

ちなみにアクセラはGood評価みたいです。

一方メキシコでは、その逆、低速衝突実験をやっているみたいで

時速10マイル(時速15.23㎞/h)でバリアに衝突するものだ。

現実にはこちらが参考になりそうですね。

« フランクフルトで発表されたマツダ(越 KOERU)を見てニンマリ | トップページ | アクセラ一部改良 後側面の安全装備追加はうらやましい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1161727/61675207

この記事へのトラックバック一覧です: マツダ・アクセラの激しい衝突とゆるい衝突:

« フランクフルトで発表されたマツダ(越 KOERU)を見てニンマリ | トップページ | アクセラ一部改良 後側面の安全装備追加はうらやましい »