« 産地直売所で見かけた三菱ミニカ'70 | トップページ | 窓が特徴的なホンダトゥデイ »

マツダ初の軽自動車のマツダR360クーペと遭遇

街中を走っていると時たま旧車に出くわす事があるが

久々にとても珍しい旧車に出会った。

1960年東洋工業(現:マツダ)の初めて造った軽自動車のマツダR360クーペだ。

一瞬の事でカメラもスマホも準備出来ずドライブレコーダーの画像しか残ってない。

Maz0234r360

2ドアの4人乗りだったが、後席が狭く実質2人乗りの軽自動車だった。

Rtc0235


マツダファンならご存知の方が多いと思いますが…

開発チーフはミスターロータリーと知られた山本健一氏です。

Rtcmazp1


Rtc1000080


マツダR360クーペと初代マツダコスモスポーツは兄弟車

2台を並べてみると判ると思います。

nobutaCG 公式サイト

« 産地直売所で見かけた三菱ミニカ'70 | トップページ | 窓が特徴的なホンダトゥデイ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1161727/59652935

この記事へのトラックバック一覧です: マツダ初の軽自動車のマツダR360クーペと遭遇:

« 産地直売所で見かけた三菱ミニカ'70 | トップページ | 窓が特徴的なホンダトゥデイ »