« マツダベリーサと日産ノートの関係 | トップページ | 1953年のフランス映画「恐怖の報酬」を久々観た »

3Cの時代が消えそうなトヨタ

今年のデトロイトショーで次期北米向けのカローラフーリアのコンセプトカーが発表された。

ボディサイズは全長4620mm、全幅1805mm、全高1425mmとグローバルサイズ。

その後この車が日本で販売されるとしたらカローラの名前残るのだろうか?

国内ではカローラアクシオが販売されているけど、初心に戻って開発したはずなのに少し地味な存在に感じる。

販売台数もプリウスやアクアばかり注目されているしね。

トヨタの看板車種といえばクラウン(Crown)、コロナ(Corona)、カローラ(Corolla)の3C時代もはるか昔に思えます。

250123corolla

2代目トヨタカローラ。全長3995㎜、全幅1505㎜、全高1375㎜、車両重量750㎏ は、現行の軽自動車と同じくらいの大きさで、重量はそれよりも軽かった。

旧車の風景 nobutaCG公式ページ こちら

.

« マツダベリーサと日産ノートの関係 | トップページ | 1953年のフランス映画「恐怖の報酬」を久々観た »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1161727/48905728

この記事へのトラックバック一覧です: 3Cの時代が消えそうなトヨタ:

« マツダベリーサと日産ノートの関係 | トップページ | 1953年のフランス映画「恐怖の報酬」を久々観た »