トップページ | 2011年11月 »

南アフリカの日産サニートラック

日本では1994年に生産が中止されたサニトラだが、どっこい南アフリカでは nissan1400 BAKKIE とか nissan champ1400 という名前で2008年まで生産されていたんだねぇ…  

本当に息の長い量産モデルだったんだと驚かされる。

Np200

しかし、1967年デビューだから人気があっても設計が古くて現代に合わなくなったのか 、先ごろ新しいカングーを発表したフランス・ルノーのルーマニアにある子会社が造っているダチア・ロガンという車をベースに、けっこうスタイリッシュになって 2008年にNP200というモデルが登場していた。

のぶたCG公式サイト 公式サイト

街角旧車 日産セドリック330型

懐かしい日産セドリックが駐車場に止まっているのを発見

1975年から1979年まで生産されていた シリーズ4代目になる330型。

今見ても日産セドリックという感じ…内外装にクロームメッキモールが多用されて、

シートもアラベスク風ジャージ生地のインテリアは、

欧風住宅なんかに置いてあるソファーみたいな感じでした。

全長4,785mm 全幅1,705mm 前高1,440mm

ブルーバード シルフィの長さを少し短くしたくらいの大きさだか、

寸法値 より威風堂々かなり大きな車に見えます。

Nissan330

のぶたCG公式サイト 旧車風景

アルファロメオ 2uettottanta

アルファロメオの誕生100周年とピニンファリーナ誕生80周年のW記念で制作された

コンセプトモデル「2uettottanta」…

エコカーの悩んでいる中途半端な空力デザインに飽き飽きしてたので、車本来のわくわくするようなデザインがまだ出来るんだ感じます。   

さすが、カーデザインのふるさとイタリアと言いたいですね。

次期アルファロメオ・スパイダー?として、量産されたら細かいところが変わるだろうけどな、このまんまで市販はされないと思うけど…

2uettottanta

しかし、日本に輸入されて販売されて、フロントにナンバー取り付けたらこのデザイン台無しだね

のぶたCG 公式サイト

サイレント・ランニング

地球上から全ての植物が絶滅して、わずかな標本を宇宙貨物船の温室ドームで育てていたが、地球からのドームの破棄の命令に反発した主人公が他の乗組員を殺害、ロボットと宇宙を放浪・・・そして結末へ。 という物語。 

ここに登場する2足歩行の小さなロボットが、最後にひとりぼっちで一所懸命世話をしているシーンが印象的です。 

ちなみにこのロボットは「スターウォーズ」にゲスト出演してます。

Mov007

のぶたCG公式サイト 映画コラム

街角旧車 ローバー・P5

九州新幹線の高架のそばを車で走らせていると、

小さな中古車屋さんに珍しい輸入車が展示してあった。

たぶん、ローバーのP5で間違いない…と思う。

ローバーはイギリス御用達の気品のある車メーカーだったが、

今ではミニもランドローバーもバラバラになって…

Roverの英訳の通り【漂流者】になってしまってる…残念です。

Rover

Rover2

のぶたCG公式サイト 旧車風景

ヒップホップ・プレジデント

 

弾丸トークのコメディアン、クリス・ロック主演の

HEAD of STATE /邦題 ヒップホップ・プレジデント 

ストーリーはひょんなことから大統領候補になった黒人男性、

発言もアメリカ社会の苦悩する部分をズバッと言い切り、

白人の相手候補も痛いところをつかれて弱腰に・・・、

各地で行われた選挙演説で少しずつ市民の心をつかみ、

アメリカ初の黒人大統領になっちゃうという話。 

選挙演説のしゃべり方や雰囲気は

あの選挙演説中のオバマ大統領にそっくり、 

まさにデジャブー的映画です。       

2003年アメリカ本国で公開されていますが、 残念なことに日本では劇場未公開、 

DVDも2005年に発売されたらしいけど 店頭で見たことないです。

Mov012

のぶたCG公式サイト 映画コラム

トータル・リコール

トータル・リコール(Total Recall)は、フリップ・K・デックの短編「記憶売ります」が原作。  

毎日、火星の悪夢を見る主人公が人の脳に直接働きかけ火星旅行の疑似体験をして、

その悪夢の謎を解こうするが、そこに意外な事実を知ってしまうというSFアクション映画の内容。

映画の中で、仮想社会の疑似体験とか、空港・駅コンコースのレントゲンスキャン、

列車のモニター画面の広告、リビングルームの壁面テレビは、それに近いものがもう現実にも ありますよね。

愛嬌のあるロボットが運転するタクシーなんか早くできて欲しいものです。

しかし、それよりも驚いたのは、火星に水があるという設定ですよね、最近NASAが実際発表してますから。

火星に人が住めるというのは本当かも・・・・いや、実際住んでたりしてて(笑) 

これが火星の表面ですってテレビで放送されても面積のほんの少しの部分だけだから・・・

Mov004

のぶたCG公式サイト 映画コラム

サーブ最初の市販車 「SAAB 92」

Saab92 1949年に登場したサーブ最初の市販車。 当時としては先進的だったモノコックボディに前輪駆動のメカニズム、飛行機のメーカーだっただけにティアドロップモチーフの外観デザインは流れるようなシルエット…

Saab92

でもね 真正面から、じっと見るとどこかで見たような…

Vader

そう映画スターウォーズのダースベーターの顔に似てませんか?

そんな見方すると台所を走り回るあの黒い虫さんにも見えてくる。

街角旧車 日産サニートラック

古い自動車整備工場に駐車している日産サニートラック <通称サニトラ >  整備工場を経営しているかなり年配のおじさんが仕事で使っている。 丸目ライトだから2代目B120型だろうと思う。

1971年頃の車だから30年以上も活躍 してるんだろうね… ライトウェイトトラックの力強さ感じます。

昔、同じB120型のサニーバン運転したことがあるけど軽いボディなんでカーブを曲がる時のあのヒヤッとするスベリ感はなんとも面白かったね。       

今じゃ味わえない乗り心地でした。 

Rc1000160

Rc1000159

1967年の初代B20型から1994年まで 生産された息の長いモデル。

のぶたCG公式サイト 旧車風景

ナイル殺人事件

アガサ・クリスティ原作の『ナイルに死す』をオールスター・キャストで映画化。 

Mov011

私立探偵ポアロと旧友レイス大佐の二人が、豪華客船カルナーク号で起きた殺人事件を、遺産を相続た彼女に何らかの利害関係や遺恨、ないし敵意を抱いている登場人物から犯人を見つけ出すストーリー。 

ピーター・ユスチノフとデイヴィッド・ニーヴンのコンビは好感が持てます。

のぶたCG公式サイト 映画コラム

街角旧車 スバルヴィヴィオT-TOP

スバルが富士重工40周年記念車で限定3000台販売した「スバルヴィヴィオT-TOP」

取り外せるルーフに電動格納リアウィンドウでタルガトップに変身する

写真はその後、追加で1000台発売されたスーパーチャージャーモデルのGX-T

近くのスーパーに駐車してたところを写メ!

こんな小さいクルマにすごい技術…さすがスバル!

Vivio310 

しかし、スバルは2008年に軽自動車の自社生産をやめたんだよね

のぶたCG公式サイト 旧車風景

イエローサブマリン

楽園ペパー・ランドでブルー・ミーニーとの攻防を描いたビートルズ初のアニメ映画。 

Mov002

サイケデリックな色の使い方や奇妙なキャラクターデザインがその時代を感じさせますが、

何度観ても色々なイメージに広がり、また新しい発見に繋がります。

(ビートルズのメンバーは最後に実写で少しだけ出演、本編の音声はイギリス声優が演じてます。)

のぶたCG公式サイト 映画コラム

サーブ9-2Xはとても希少車

サーブもスバルも航空機を造っていた会社でGMの傘下だから…という簡単な発想で生産されたとは思わないけど、このサーブ9-2Xはフロント部分はサーブ、後部分はスバルのインプレッサスポーツワゴンの合体モデルで、2004年から2006年まで北米のみで販売されていた正真正銘のSAABのクルマです。

合体モデルだけど全体がまっとまっている様なでない様な…不思議な感じですが味があります。

エンジンは2.5リッターと2.0ターボミッションは5速MTと4速ATの2種 4WDのみの車種構成。
日本のスバルの工場で生産されていたけど販売面は振るわず、GMがスバルを手放した為2006年度モデルで生産終了。

Saab92x

アメリカではサーブ9-2Xファンクラブまである人気の希少車です。

のぶたCG 公式サイト

マツダベリーサの後継車

ロシアのマツダのファンサイトみたいなサイトにMAZDA1の写真が掲載されていたが…

実車のスクープ写真なのか…

CGで造った画像なのか…

ロシア語で記事かいてあるから 事実はわからんです。

Mazda1_a

現行のデミオより、小さくてスポーツ色強めの顔つきだね。 

Mazda1_b

コンセプトカーの「マツダ葉風(はかぜ)/Mazda HAKAZE」にも似てるし、

もうひとつのコンセプトカー マツダ『清』(きよら)にも似てるし…

のぶたCG 公式サイト

街角旧車 マツダコスモスポーツ 2

昨日のマツダコスモスポーツのフロントビュー

Rc1000081

車の程度は良さそうですが、フェンダーミラーがないですね。 

たぶんレストア前で工場に保管されているのでしょう

のぶたCG 公式サイト

街角旧車 マツダコスモスポーツ 1

「旧車の風景」…街を歩けば、まだまだ現役で活躍している旧車を見かけます。 そんな旧車たちを紹介します。

マツダの1967年に、世界初の実用・量産ロータリーエンジンの搭載した2シータークーペモデル。 

奥には、3代目RX-7が沢山あった整備工場での風景。

Rc1000080

のぶたCG 公式サイト

トップページ | 2011年11月 »